デビットカードが不正利用されたらどうなるの?

デビットカードは、現金を持ち歩く必要がなくカードのみで支払いができるという点が非常に便利です。これは大きなメリットの一つですが、同時に不安を与えるものともなります。もしデビットカードを落としてしまって、誰かが拾って使ったらどうなるのだろう?という心配です。また、盗難という危険性もあるのは確かです。

その点、それぞれの銀行で、安心してデビットカードを使ってもらえるようにいろいろな対策をしています。まず、そもそも不正利用がしにくいようにしているという点です。デビットカードにはほとんどの場合ICチップが搭載されていて、暗証番号なしでは使えないようになっています。また、一定上の金額ではサインを必要としているケースもあります。このようにして、何らかの形で第三者がカードを入手しても使えないようになっているのです。

しかし、犯罪の手口は巧妙化していますので、たとえ利用に暗証番号が必要だとしても、それを突破して不正利用をする犯罪者がいるのも事実です。たとえば、スキミングでカード情報を盗んだ後に、暗証番号を入力している様子をATMや端末操作の時に見ていて、暗証番号さえも盗み取ってしまうというケースです。この場合だと、カードは所有者本人の手元にありますので、どうしてデビットカードが不正利用されたのかも分からないという事態に陥ります。そして、後日身に覚えのないカードの利用通知が銀行から来るのです。

こうした場合でも、各銀行で補償制度を設けていますので安心できます。不正利用によって銀行口座からお金が下ろされてしまったという場合、その分を補償して返金してくれるのです。この補償金額についてはそれぞれの銀行で異なります。たとえば住信SBI銀行や楽天銀行では年間100万円までとしています。また、ソニー銀行は初期設定の段階では1日あたり50万円となっていて、設定を変えることで限度額まで補償してくれます。さらに、ジャパンネット銀行の場合は、年間500万円まで、セブン銀行は1回あたり500万円としています。一番補償額が大きいのはイオン銀行で、不正利用額を全額補償してくれるとしています。

このように、銀行によって補償額が異なりますが、現実的にはそこまで一気に多額の損害を受けることはほぼありません。というのも、ATMでの引き出しや利用には1日もしくは1回当たりの限度額が設けられているからです。何回も分けて引き出されたり使われたりする前に発覚することが多いのです。

さらに、それぞれの銀行で不正利用を発見するツールを使っていて、不正利用の疑いがある場合に自動的に口座を一時凍結する仕組みを採っています。その内容はセキュリティーにかかわることですので公表されていません。しかし、たとえば、日本で現金を引き出したりショッピングをした同じ日に、いきなり海外でショッピングをしたという記録が出た場合、不自然な取引と判断されることがあります。不正利用の発見は、銀行に取っても大事な業務ですので、たとえカード情報が盗まれてしまっても、被害が広がらないように努めているのです。

もし、不正利用に気づいたら、すぐに銀行に連絡するようにしましょう。この通知はできるだけ早く行う必要があります。というのも、通知した日からさかのぼって30日前、もしくは銀行によっては60日前程度までしか補償してくれないからです。

こうした不正利用に早く気づくためにも、必ず利用の度にメールなどで通知がなされる設定にするようにおすすめします。そうすれば、身に覚えのない利用を、月末の取引明細で初めて知るのではなく、リアルタイムで発見して、すぐに銀行に通知できるからです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*