デビットカードの解約を考えている人が知っておきたいこと

デビットカードはクレジットカードに似ているところもありますが、実際には全く別なものです。そのことを知らずになんとなく契約をしたけど、あまり使わなかったという人もたくさんいます。

銀行口座に紐付けられていることから管理がしやすいところもありますが、やはりクレジットカードの方が良いと考えている人も多いのです。もちろんカードを作ったときにはクレジットカードを持てなかったからデビットカードを選んだという人もいます。

だけど最近ではデビットカードを使うことがなくなったので、そろそろ解約をしようかなと考えている人に向けて、知っておきたい情報を集めました。これから解約を検討している人は、ここで紹介する情報を踏まえて検討してみましょう。

まずポイントになるのは、そのデビットカードは年会費が発生するものなのかどうかです。

デビットカードにも色々と種類はありますが、その中には維持費が必要なものもあれば不要なものもあります。もしも年会費が必要なものだとしたら、次の請求が来る前に解約してしまうと良いです。

ちなみに年会費の引き落としがどのタイミングで行われるのかも、気をつけたいポイントになります。ギリギリまで解約手続きをせずにいたら、年会費発生後に解約されるケースもあるからです。

年会費の引き落としタイミングはカード会社によって異なるので、いつまでに解約手続きをすれば損をせずにすむのかはチェックしておきましょう。

初年度は年会費が発生しないタイプのデビットカードを使っている人の場合、翌年の引き落とし日のことを忘れていて、遅れて解約処理をする人もいます。こういうところもデビットカードの解約時に気をつけたい注意点です。

次にポイントになるのは、デビットカードを解約すると同時に銀行口座も解約するのかどうかです。

デビットカードは銀行のキャッシュカードと一体化しているものもあり、そこで解約をするとキャッシュカード自体が使えなくなることもあります。このケースは意外と多く、さらにもう1つの落とし穴があるので注意しましょう。

デビットカードを解約したいけど、その銀行口座を引き続き使う場合には、新しくキャッシュカードを発行してもらう必要もあるのです。これが無料だとしたらちょっと手間がかかるだけなのですが、再発行には1,000円くらいの発行料が必要になる場合がほとんどなので、無駄にお金がかかってしまうこともあるのです。

仮に年会費を必要としない契約なら、デビットカードは使わずキャッシュカードとしてだけ使い続ければ良い話です。逆に年会費が必要な場合は、キャッシュカードの再発行の手数料をかけてでも切り替えた方が良いです。

思い切って口座ごと解約するのも1つの方法ですが、実はそこでデメリットが発生する場合もあるので注意しましょう。

最後に気をつけたいのは、デビットカードに関連した特典が無くなることです。

デビットカードにポイントやキャッシュバックなどのサービスはあります。そしてそれらのサービスは、もちろん解約してしまったら受けられなくなります。以前は使っていたけどある時期から使わなくなってしまった人の場合、ポイントが残っていることすら忘れている場合もあるので要注意です。

もちろんそれが微々たるものだったら、気にする必要はないかもしれません。だけど最初に使い始めたときから蓄積されていたポイントが、思っていた以上に残っている場合もあります。その状態で何も知らずに解約をするのはもったいないことです。

使わなくなったサービスをそのままにしておくと、管理が大変になります。そのためできるだけシンプルにしておきたいところですが、そこにはどんなメリットとデメリットがあるのかをしっかりと調べておくようにしておきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*